インプラント治療コラム COLUMN

知っておきたい、インプラントの用語を解説



当院では、インプラント治療の際、患者様にできるだけわかりやすく診療内容をご説明することを心がけております。


できるだけわかりやすいご説明を心がけておりますが、インプラント治療を受けるときは、患者様ご自身でもいくつかの重要な用語を知っていただくことで、より、インプラントについての理解を深められます。


今回は、知っておきたい、インプラントの用語を解説させていただきます。インプラント治療をご検討中の方、また、現在インプラント治療を受けている方に役立つ用語を解説していますので、お手すきのときに、ぜひ、ご参照ください。


■インプラント治療で用いられる主な用語


・インプラント体(フィクスチャー)

顎の骨に埋め入れるネジのような形をしたインプラントパーツ。フィクスチャーとも呼ばれる。チタン金属で作られている物が多い。


埋め入れたインプラント体は生体的現象によって顎の骨と強固に結合するため、安定性が高い人工歯根ができあがる。


・アバットメント

インプラント体の先端に取り付けるインプラントパーツ。インプラント体(人工歯根)と上部構造(人工歯)を連結する役割を持つ。チタン金属で作られている物が多い。


インプラント体とアバットメントが一体化した、1ピースタイプのインプラントも存在する。


・上部構造(人工歯)

歯ぐきから上の歯の部分を補う人工歯。現在は、ジルコニアセラミック製の人工歯が一般的に用いられている。


・埋入(まいにゅう)

顎の骨にインプラント体を埋め入れること。


・骨造成

インプラント体を安定して埋め入れるために必要な、顎の骨の高さや幅、骨量を増やす補助手術。骨造成では自家骨・他家骨・異種骨などの骨補填材や再生誘導剤を用いて顎の骨を増やしていく。


顎の骨が不足しているときは、事前に骨造成を行って顎の骨量を増やしてからインプラント手術を実施する。骨造成の程度によっては、骨造成とインプラント手術を同時に行う場合も。


・サイナスリフト

上顎の奥歯の顎の骨が大きく不足している場合に行う骨造成。歯ぐきの側面から窓開けして上顎洞の骨膜(サイナス)の下に骨補填材と再生誘導剤を入れ、上顎の奥歯の顎の骨を増やす。


・ソケットリフト

上顎の奥歯の顎の骨が少し不足している場合に行う骨造成。歯ぐきの噛み合わせ面から上顎洞の底に圧を加えてインプラントが埋入できるスペースを作ります。必要に応じて骨補填材を入れ、上顎の奥歯の顎の骨を増やす。


・GBR

歯・顎の骨に対して高さが不足する場合は縦の方向から、幅が不足する場合は横方向からアプローチする骨造成。歯ぐきを切開し、骨補填材と再生誘導剤を入れて吸収性メンブレン(不足量が多い場合はチタンメッシュなどの非吸収性メンブレン)という膜で閉じ、顎の骨を増やす。


・プロビジョナルクラウン

インプラント手術後(1次手術後)に入れる仮歯。1次手術ではヒーリングアバットメントと呼ばれるアバットメントを装着した後、約1ヶ月後にプロビジョナルクラウンの製作を開始する(※)。


本歯が入るまでのあいだ、噛む機能と見た目を一時的に補うほか、プロビジョナルクラウンには、本歯となる人工歯と歯ぐきのラインを綺麗に整える指標としての役割もある。


(※)患者様や症例により、プロビジョナルクラウンを製作するまでの期間が異なります。


・オールオンフォー(フルアーチインプラント)

片顎(上下どちらかの顎)につき4~6本のインプラントで人工歯ブリッジをネジ固定する補綴方法(=フルアーチインプラント)。


失った歯に対して1本ずつ埋め入れを行う場合と比べて、少ない本数のインプラントで片顎のすべての歯を補える。オールオンフォーはノーベルバイオケア社が開発した補綴方法であり、フルアーチインプラントの元祖。


【インプラント治療の安全性・正確性を高めるための取り組みを行っています】


神奈川県小田原市の白山歯科クリニックでは、患者様に安心してインプラント治療を受けていただくために、以下の取り組みを行っています。


<手術の安全性・正確性を高めるための取り組み>


・CTによる精密診断

・インプラントシミュレーションシステムによる治療前の綿密な埋入&設計シミュレーション

(GALAXISインプラントシミュレーションシステム:シロナ社の歯科用CTシロナXG3D&オステム社のワンガイドシステムとセレックシステムの連携)

・サージカルガイドの使用

・骨造成手術

・光学スキャナーによる型取り

・世界シェアトップクラスのメーカーのインプラントパーツを使用

(ストローマン、ノーベルバイオケア、オステム)


<細菌感染対策の徹底>


・器具除染用洗浄器「Miele(ミーレ)」

・高圧蒸気滅菌器「Sirona DACプロフェッショナル」

・滅菌パック保存(器具を滅菌処理した後、パックに封入)

・タービン・エンジン専用滅菌器「Sirona DACユニバーサル」


上記の衛生機器を用いた器具の洗浄・滅菌。


・ディスポーザブルアイテム(使い捨て器具)の使用

・衛生性・洗浄性が高い「EOM AQUA歯科用ユニット」を設置

・インプラント治療専用の手術室を完備

・エアロクリーン(医療用空気清浄機)による院内の清浄


当院の特徴としては、GALAXISインプラントシミュレーションシステム(シロナ社の歯科用CTシロナXG3D+オステム社のワンガイドシステムの連携)が挙げられます。


上記のシステムを駆使し、歯科用CTで得られた患者様のデータを基にサージカルガイドを作製・使用することでフィクスチャーの埋め入れ精度を高めています。


また、当院では歯科用CTとセレックシステムを連携して人工歯の位置や噛み合わせの高さを精密に算出することにより、違和感が少なくしっかり噛める&より自然の歯に近い印象のインプラントを作製・ご提供しています。


– インプラントの無料相談を実施しています –


白山歯科クリニックでは、30年以上のインプラントの治療実績がある日本口腔インプラント学会所属の院長が手術を担当します。これまでに行ってきた数多くの治療の経験に基づき、骨造成や難症例にも対応可能です。


歯を失い食べ物をしっかり噛めない方、インプラントのクリニック選びでお困りの方は当院までお気軽にご相談ください。相談費は無料です。


カウンセリングのご予約はお電話/WEBにて承っております。


白山歯科クリニック
院長
田賀 紀広

⇒院長の経歴はこちら

白山歯科クリニック
歯科医師
⇒院長の経歴はこちら