MENU

CLOSE

白山歯科クリニック
からのお知らせ Information

歯の話109話 「ついやってしまう!お口の悪習慣」 Information

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん
白山歯科クリニックの田賀です。

歯は人間が自分で直接触れることのできる、もっとも硬い部分です。そのため、つい扱いも雑になりがち…。
しかし、歯は骨のように再生しません!つまり、人生で一度っきりの大切なものです。

歯に対して無意識のうちにしている悪習慣をテーマにまとめて
見ましたのでご覧下さい。

自動代替テキストはありません。

1.力を入れてゴシゴシ歯磨き
力を入れて歯ブラシを歯に押し付けてしまうと、毛先が曲がり十分にプラークを落とすことができません。
歯磨きは「歯ブラシの毛先を軽く当ててやさしく小刻みに」がコツ。また、力を入れて磨くと歯の表面が傷つき、着色しやすくなります。さらには歯ぐきも痛めてしまうので、力の入れ過ぎは全く良いことがありません。

2.つまようじを使う
食べ物が歯に詰まると、つい使いたくなる「つまようじ」。
しかし!加齢とともに歯ぐきが下がってくると、歯の軟らかい部分(象牙質)が露出しやすくなり、ここを傷つけてむし歯になってしまうことがあります。もちろん、歯ぐきを傷つける危険もありますので、歯と歯の間は「歯間ブラシ」や「フロス」を使うことをおすすめします。

3.歯で袋を開ける・歯で糸を切る・氷を食べる
「歯は硬くて丈夫だから」と、無理な使い方をしてはいけません。開けにくい袋を開ける、洋服のタグなどの糸を切る、氷をガリガリ食べるなど、こうした行為は確実に歯を痛めます。
もし折れたり欠けたりしたら、歯の寿命が一気に短くなってしまいます。歯は一生使う大事なもの。硬いものに無理に使うのは絶対にやめてください。

4.歯磨きした後のお茶やコーヒー
お茶やコーヒーはとても着色しやすい食品です。
特に、歯磨き粉を使用した直後にこれらを飲んでそのまま眠ってしまうと、歯に着色してしまう可能性があります!
これは、歯の一番外側をおおっている「エナメル質」が、一時的に研磨剤で荒れてしまうからです。歯磨きの後はお水にしておきましょう。

 

もっと予防を知りたい方はこちらもご覧下さい
https://hakusan-dental.com/service/preventive.html

自動代替テキストはありません。
お問い合わせ