MENU

CLOSE

白山歯科クリニック
からのお知らせ Information

歯の話23 親知らず 抜くべきか?抜かざるべきか?それが問題だ! Information

親知らず2

「最近、親知らずが生えてきた気がする…」

「親知らず」というと、「痛い」「抜くのが難しい」「腫れる」「出血する」などの怖いイメージを持っている方がたくさんいらっしゃいます。

しかし、親知らずだからといって、必ず抜かなければならないわけではなく

その生え方や他の歯への影響などによって、抜くかどうかを決めていきます。

「親知らず」とは、前から数えて8番目に生えている一番奥の歯です。人によっては埋まった

まま生えない方もいますし、そもそも無い場合もあります。

また、問題になる時期も思春期の若い方から高齢者まで幅広

もちろん生えていても一生何も問題がないという方もいます。

なお、次のような親知らずは抜かなくても問題がありません。使える歯はしっかり大切に守っていきましょう。

親知らず

 

しかし、斜めに生えてしまって手前の歯を圧迫していたり、歯磨きがきちんとできず

むし歯や歯周病になってしまっている場合などは、どうしても抜歯が必要になります。

また、今はトラブルがなくても、あらかじめ抜いておいた方が周囲の歯を守れることもありますので

親知らずが気になる方はぜひご相談ください。

*歯を抜くことは外科処置です。白山歯科クリニックは滅菌が行き届いていますからご安心ください!

 

お問い合わせ