MENU

CLOSE

白山歯科クリニック
からのお知らせ Information

TCH(歯牙接触癖)ってご存知ですか? Information

何もしていないとき人間の上下の歯は接触していません!!

唇を上下閉じていても、上下の歯は触っていないのです。

本来 上下の歯は会話や食物を噛んでいるとき、ものを飲み込むという動作をするときに瞬間的に触るだけです。

ですから1日の接触時間は20分以下なのです!

ところが、仕事をしているときや、考え事をしているとき、テレビを見ているときなどに、上下の歯を触れさせたままにしている人が多数います。

たとえ強くかんでいなくとも、上下を軽く接触させただけで口を閉じる筋肉は働いてしまうのです。

上下の歯が触れていると、筋肉は働き続け、接触時間が長時間になれば筋肉は疲労してきます。

このことが、あごの周囲の疲労感や肩こりの原因の一つになっているのです。

また口を閉じる筋肉が働くと、顎の関節は押えつけられることになるため、長時間になると歯や関節の血の巡りが悪くなります。

例えば 正座していて血行が悪くなるり、足がしびれてくると、感覚が敏感になって普通に触れられても痛みとして感じてしまいます。

この現象が歯に起ると慢性的の歯痛の原因 となります。

TCH1 TCH3

また、長期間この状態が続くと歯やあごの痛みだけではなく

上の写真のように金属の詰め物も破損し、その内部の歯にも、力により多数のヒビが入ってしまいます。

力が一点に集中すると、歯が完全に折れてしまうこともあります。

無意識の噛みしめや、はぎしりは 十分ご注意ください!

お問い合わせ