MENU

CLOSE

白山歯科クリニック
からのお知らせ Information

歯の話11 宇宙で虫歯になったらどうするの? Information

みなさんこんにちは!小田原の歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

今日は宇宙での虫歯事情をお話しさせて頂きます。

宇宙での虫歯

小惑星探査「はやぶさ」が話題になったとき、「将来、宇宙飛行士になりたい!」というお子さんが増えたそうです。宇宙飛行士は、知力や体力など優れた能力を持っていますが、実はたった1本のむし歯のせいで、宇宙に行けなくなるんです。

■毛利さんにはむし歯があった
宇宙飛行士は、1人で何役もこなし、実験や機械のメンテナンスなどでとても多忙。そんなとき、むし歯がズキズキ痛み出したら…とても任務に集中できませんね。ですから、宇宙飛行士は、事前に厳しい健康診断を受けます。 でも、むし歯が見つかってもご安心ください。ちゃんと治療を受ければ大丈夫。実は、あの毛利衛さんにもむし歯があったんです。でも、宇宙に行く前にきちんと治療をして、無事、宇宙に行くことができました。

■それでも歯が痛んだら…!?
宇宙服の中は0.3気圧に減圧されています。このため、歯の中の空気が膨張して神経を刺激し、歯の痛みを引き起こすことがあります。もちろん、宇宙に歯科医師はいないので、他の飛行士が痛み止めの注射や抜歯などの治療をするんです。
本来、治療行為は国家資格を持つ歯科医師にしか許されていません。しかし、歯科医師以外では、特別に宇宙飛行士だけに、歯の治療行為が許されているんです。もちろん、「宇宙でだけ」ですし、事前にきちんと訓練も受けていますよ。

■むし歯の有無が未来を決める!
このほかにも、パイロットや潜水士など、むし歯を放置しているとできない職業はいくつもあります。むし歯に限らずお口の病気のせいで、お子さんが好きな仕事につけなくなったらかわいそうですね。
お父さんお母さん、どうかお子さんのお口の健康に気をつけてあげてくださいね。

お問い合わせ