MENU

CLOSE

白山歯科クリニック
からのお知らせ Information

歯の話12 「根面カリエス」ってご存知ですか? Information

みなさん こんにちは!小田原の歯医者さん白山歯科クリニックの

田賀です!今日は少し変わった虫歯の話をさせて頂きます。

根面カリエス1

●「根面カリエス」って?
なにやら、ちょっと怖そうな名前ですね。「根面」とは「歯の根の表面」、「カリエス」とは「むし歯」のことです。
つまり、歯の根にできたむし歯ですね(図1)。歯の上部は、エナメル質という丈夫な歯質で守られていますが、根面はセメント質という弱い歯質なのでむし歯になりやすいんです。

●こんな人はご注意を!
健康な状態では、根面は歯ぐきに覆われています。しかし、歯周病で歯ぐきが下がると、根面がむき出しになり、プラーク(歯垢)がついて、むし歯になりやすくなってしまいます。
また、歯周病でなくても、歳をとるにつれて少しずつ歯ぐきが下がってくるので、十分な注意が必要です。

●さらに!治療した歯も!!
かぶせもの治療をした歯も要注意です。治療直後は、歯にピッタリ密着をしていますが、長年使用していると、隙間ができてきます。
図2のように根面にかぶせものの境目がある場合、この隙間にプラークがたまり、ここからむし歯になりやすくなってしまいます。

根面カリエス2

●早期発見、早期治療が重要!
「根面カリエス」も普通のむし歯のように、早期に発見できれば、簡単な治療で済みます。しかし、発見が遅れてしまうと、神経を取ったり、最悪の場合は抜歯が必要になることも。
歯の根っこが見えていたり、長い間使っているかぶせものがある方は、特に歯と歯ぐきの境目を念入りにブラッシングしましょう!もちろん、早期発見のためにも、定期的に検診を受けるのも忘れないでくださいね。

お問い合わせ