MENU

CLOSE

白山歯科クリニック
からのお知らせ Information

歯の話 28 お口とたばこの関係 Information

みなさんこんにちは!小田原の歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

患者さまから

「喫煙は、脳卒中や心筋梗塞などの病気になりやすいと言われますが、なぜ、歯科でも禁煙を勧められるのでしょうか?」

という質問をうけましたので、お答えします。

喫煙は、心筋梗塞や脳卒中、がんなどの原因になることがよく知られていますが、実は、お口の健康にも大きな影響を与えます。

まず、煙によりだ液の分泌が減り、口の中の清掃機能が弱まって、むし歯や歯周病になりやすくなります。

また、ニコチンが白血球の免疫機能を低下させることで、特に歯周病を悪化させる

原因ともなります。

具体的には

キャプチャ

●歯や舌に付着するタールやニコチンが原因で、歯周病・むし歯・口臭

 味覚障害になる

●タバコの熱が原因で、ドライマウスになる

●タールやニコチンが粘膜から吸収されると、口腔がんなどになりやすくなる

健康保険を利用した禁煙治療を受けることも出来ますので、ぜひ禁煙されることをお勧めします。

 

 

 

お問い合わせ