MENU

CLOSE

白山歯科クリニック
からのお知らせ Information

歯の話 29 ある武士の願いとは… 歯が痛いときは神頼み!? Information

みなさんこんにちは!小田原の歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

今回は歯科にまつわるお話しをしたいと思います。

 

●歯にご利益のある神社

歯が痛いのって憂うつですよね。ご飯も食べられないし、しゃべるのも苦痛。

じっと口を閉じていてもズキズキ。

そんな時はもちろん歯医者に来てほしいのですが、神様にお願いするのも

ひとつの手かもしれません。

 

●歯痛に悩む武士

神頼み

そこにまつられているのは、清兵衛という武士ですが、

江戸時代、参勤交代でちょうど日枝神社の前を通りかかった時に

歯がひどく痛み始めました。

今なら、歯医者さんに行って治療をしてもらうところですが、

江戸時代のこと、そう簡単にはいきません。

痛みのあまり歩くこともできず、行列からは遅れるばかり。

ひどい痛みはおさまる気配もなく、また殿さまにきちんと仕えることもできず、

無念に思った清兵衛はなんと切腹してしまったんだそうです。

その際に彼はこう遺言しました。

「拙者のように、歯の痛みで苦しむ者がないようにお助けしたい。」

遺言により清兵衛は小さな祠(ほこら)にまつられました。

 

●歯のトラブルは昔から

以来、日枝神社に歯が痛い人が訪れるようになり、

痛みが治まると「船の錨(いかり)をくわえた女性の絵馬」

を奉納するようになりました。

「錨のように歯が丈夫になることを願う」

などその起源には諸説ありますが、どの説でも歯が健康になったことに感謝して、

ということのようです。

調べてみると、全国に歯にご利益のある神社やお地蔵さんがあります。

やはり昔から、歯の痛みは生活に密接した深刻なトラブルだったんですね。

皆さんは 歯が痛くなったら我慢しないで、まずは、歯医者さんに行きましょうね。

お参りは、歯が治ってからお願いします。

歯の痛みにはこちら

お問い合わせ