MENU

CLOSE

白山歯科クリニック
からのお知らせ Information

歯の話36 お子さんは大丈夫ですか?! 子供の歯周病の原因と対処法 Information

みなさんこんにちは!小田原の歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

「歯周病は大人がなるもの」と思っていませんか?

実際、かつては大人の病気だと思われていた病気ですが、実は近年の調査で、子どもの歯周病患者が増えているという結果がでています。

中3の虫歯と歯周病

 

 

その大きな原因は食生活の欧米化と考えられています。

歯周病は「細菌」が原因ですが、この細菌の繁殖をおさえる役割を果たしているのが「だ液」です。

ファーストフードを代表とする欧米食は柔らかい食べ物が多く、噛む回数が少なくなってしまい「だ液」が出にくくなります。

またさらに、口の周りの筋肉も弱くなるため「ポカン」と口が開いたままになってしまい、これが「口呼吸(こうこきゅう)」を引き起こします。

すると口の中が乾燥してしまい、やはりこれも「だ液」が少なくなる原因になっているのです。

歯抜け

歯周病は歯を失う原因のNo.1です。

子どもの頃から放置し続ければ、早ければ30代で歯が抜けはじめ40代でもう数本しか歯が残っていないということも十分にありえます。

さらに、実は歯周病は口の中だけの病気ではなく、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病といった病気とも深く関連しており、こうしたリスクを若いうちから背負うことになってしまいます。

もし細菌のすみかである歯石がついてしまったら、年齢問わず必ず歯科クリニックで除去してもらいましょう。

対処法は大人も子どもも同じです。

よく噛んでだ液の分泌を増やすこと。
そして、子どものうちから正しい歯磨きを身につけておくことが大切です。

白山歯科クリニックではお口チェックや歯石取りだけでなく、歯磨き指導もしていますので、ぜひスタッフにお気軽にお声がけください。

詳しくはこちらへ「予防歯科」

お問い合わせ