MENU

CLOSE

白山歯科クリニック
からのお知らせ Information

歯の話39 歯を抜いたまま放置してはいけない4つの理由 Information

みなさんこんにちは!小田原の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!
「歯を抜いたけど、見た目もおかしくないし、食事もできるから 平気じゃない?」と思われる方はいないと思いますが・・・・

歯を抜いたままにすると

もしそのような考えでインプラントや入れ歯をせず、抜歯した部分をそのまま放置してしまうと、想像以上に大変なことになります。

意外かもしれませんが、1本でも歯がなくなると、両隣の歯が傾いたり、噛み合っていた向かい合う歯が伸びてきたりと、ほんの短期間でたくさんの歯が動いてしまいます。

実はこうして歯が動いてしまうことが、お口の中はもちろん、体全体にも悪影響を及ぼすことになります。

《理由 その1》 虫歯や歯周病になる

虫歯菌

抜歯をしたところは隙間などに食べカスが詰まりやすくなり、また歯ブラシも届きにくくなります。
すると、細菌がどんどん繁殖し、むし歯や歯周病を引き起こす原因になります。

《理由 その2》 顔貌が変わってしまう

顔がゆがむ

歯が移動すると噛み合わせがおかしくなり、片方だけで噛むなど、様々な癖がついてしまいます。
すると、抜けた部分の見た目だけでなく、顔全体までゆがんでしまったり、口の周りのシワが増える原因にもなります。

《理由 その3》 肩こりや腰痛を引き起こす

腰痛 肩こり

噛み合わせはまた、口だけでなく体中にも影響を及ぼします。
噛み合わせが悪くなり顎を支える筋肉のバランスがおかしくなると、頭・首・肩・背中・腰などの痛みを引き起こすことがあります。

《理由 その4》 治療期間がかかり、治療費もかかる。

お金が飛んでく

歯が動いてしまってから治療を行おうとしても、すでにブリッジなどの治療が出来ない状態になっていることもあります。
この場合、元に戻すには噛み合わせ調整や矯正治療を必要とするなど、治療期間や費用が多額にかかってしまうこともあります。

このように、1本の歯を失うことによる体への影響は大きいものです。
「抜歯をしたら痛みが治まったからもういいや」と、途中で治療を中断することは絶対にやめてください。
まずはむし歯や歯周病で大事な歯を失うことにならないよう、ぜひ白山歯科クリニックで定期健診を受けて下さい。

予防歯科はこちらから

 

お問い合わせ