MENU

CLOSE

白山歯科クリニック
からのお知らせ Information

歯の話53 「お願い!放置しないで!!こんな時は痛くなくてもすぐに歯科医院へ」 Information

 

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

今回は虫歯のお話しをしたいと思います。

お願い

 

むし歯になると神経を通じて痛みを感じます。
しかし、神経まで達していないむし歯や、神経を取ってしまった歯のむし歯は、痛みがないため放置されがち。
でも放っておけば必ず問題を引き起こします。
白山歯科クリニックに来院された方で、重症な虫歯に発展してしまった方の3つの原因から説明させていただきます。

1.「詰め物が取れてしまった」

お願い2
神経を取ると、その歯の寿命は半分程度になってしまいます。「つめもの」は主に 「神経が残っている歯」の治療で使われますので、その歯はまだ寿命の長い歯だということ。しかし、取れたままにしておくと、そこにプラーク(歯垢)がたまり、やがてまたむし歯に…。その時は神経を取らなければならない可能性が高くなります。つまり、歯の寿命が短くなるのです。

2.「痛くはないけど・・大きな穴が開いている」

お願い3
「神経を取った歯で被せた歯はもうむし歯にならない」と思っている方が多いのですが、それは違います。逆に、むし歯になっても痛みが無いため、気づかぬまま進行し、やがては歯の根っこの先から顎に膿ができて、最終的にはひどく痛むことになります。写真2のように大きな穴が開いている歯は、神経を取っている上に、プラークもたまりやすく、むし歯になりやすいのです。

3.「根っこしか無い歯」

お願い4
歯の上の部分がボロボロで根っこだけになっている歯…。こうした歯は2のように根っこの先に膿ができるだけでなく、本来かみ合っていた反対側の歯が出てきてしまいます。そしてかみ合わせが悪くなると顎関節の痛みや、肩こり、首痛、腰痛・・・と、やがては全身に悪影響が及びます。

定期的に歯医者でチェックを!
むし歯や歯周病など、お口の病気には初期症状が少ないものがたくさん。ご自身で気づけるものもあれば、そうでないケースもあります。上記のようなケースの場合は直ちに歯科で治療を受けてください。また、そうなる前に定期的に歯科健診を受けていただくことを強くおすすめします。
こちらもご覧下さい。
https://hakusan-dental.com/service/preventive.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ