MENU

CLOSE

白山歯科クリニック
からのお知らせ Information

歯の話58 『妊婦さんは危険がいっぱい!』 安定期に入ったら。先ずは定期検診を!! Information

 

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

Exif_JPEG_PICTURE

 

妊娠中は体にいろいろ変化がおきますが、それはお口の中も例外ではありません。
いったいどんな危険があるのでしょう?

1.50%が歯周病に!!早産や低出生体重児のリスクが増加
実に妊婦さんの約半数が、歯ぐきの腫れや出血を伴う「妊娠性歯肉炎」という歯周病にかかってしまいます。
女性ホルモンの分泌量の増加やつわりでしっかり歯磨きができなくなることが原因です。喫煙、飲酒と同じように、この歯肉炎が重症化すると、早産や低出生体重児につながりますので、十分な注意が必要です。

2.虫歯のリスクも増加!歯が痛いままの出産はつらい!
女性ホルモンの増加でだ液の性質が変わってしまったり、つわりでしっかりブラッシングできない、食事の回数が増えるなど、妊娠中はむし歯のリスクも高まります。妊娠8ヶ月頃を過ぎるとお腹が大きくなり治療が難しくなってきますので、早期発見・早期治療が重要です。

3.妊娠性エプーリス(写真参照)
妊娠16週前後から歯ぐきにできる「良性の腫瘍」です。赤く腫れて出血もしますが、出産と共に消えていきます。しかし、悪化して出血などが多くなると、やはり早産や低出生体重児の原因となりますので、「なんか腫れてるかな…」と感じたら早めに来院してください。

安心して楽に治療ができるのは妊娠8ヶ月まで。安定期に入ったら、まずは定期健診でお口の病気を早期発見・早期治療しましょう!

またエプーリスに関しては下記に詳しく書いていますので
参考にして下さい。
https://hakusan-dental.com/cms/?m=201405

お問い合わせ