MENU

CLOSE

白山歯科クリニック
からのお知らせ Information

歯の話 72 要注意!!『片側噛みの恐怖』 Information

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

皆さんは、鏡で自分の顔を見て「左右の目の高さがあってない」「口が片方だけ上がっている」「片方のほうれい線だけが濃い」なんて感じたことはありませんか?

実はこれ、「片側噛み」が原因かもしれません。片側噛みとは、食事の際に左右どちらかでばかり噛んでしまうことで、原因はさまざま。

一時的に歯が痛くて避けていたら習慣になってしまった、噛み合わせが悪い、もともとの「噛み癖」…など。

一時的なら問題ありませんが、ずっと続けているといろいろな弊害が生まれてきます。

顔がゆがむ?!

1

片側噛みによる弊害の原因は、顔の左右の筋肉に差が出てくること。

片側噛みをする側の筋肉だけが緊張してピンとはり、逆に反対側の筋肉は緩みます。

すると冒頭に挙げたような目の高さ、口の向き、ほうれい線の濃さなどの見た目に現れてきます。

 

さらに全身にも!

2

片方だけ緊張した筋肉の影響は、頭を支えている首にも現れ、首から肩、腰、下半身と、いたるところに

コリや痛みという形で広がります。また、一方のあごの関節に負担が集中しますので、

あごが痛んだり、口が大きく開けられなくなる「顎関節症(がくかんせつしょう)」の原因にもなります。

 

片側噛みの原因が歯の痛みなら、まずは治療が先決。その上で、毎回の食事での両方噛みを意識していきましょう。

あごを大きく開けながら食べると、舌が勝手に左右に動き、自然とバランスよく噛むことができます。

また、1日3回ほど、噛み癖のない方でガム(キシリトール入りなどむし歯にならないもの)を5分から10分ぐらいかけて噛むのもおすすめ。

早ければ数週間で効果が現れます。ぜひ実践してみてください! ただし、噛み締めのある方は注意が必要です。

お問い合わせ