MENU

CLOSE

白山歯科クリニック
からのお知らせ Information

歯の話93『放置厳禁!抜歯にはちゃんと理由がある!!』 Information

抜歯
みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。本日は抜歯のの原因について考えてみたいと思います。
歯は大切な体の一部。ですから「抜歯」と言われると「本当に抜かなければならないの?」と思いますよね。
そこで、抜歯が必要になる3つのケースについて解説します。
1.虫歯が進行して歯
むし歯が進行しボロボロになった歯をそのまま放置すると、細菌に感染し、歯を支えている骨が溶ける・歯ぐきが激しく痛むといったさまざまなトラブルの原因となります。また、歯の根の先端が細菌に感染して膿がたまっている場合も、骨などへの感染を防ぐため歯を抜くことがあります。
キャプチ1-1
2.歯周病が進行してしまった歯
歯周病は細菌によって歯を支える骨が溶けてしまう病気です。むし歯のように、歯そのものが悪くなるわけではないので、「抜かなくても…」と思いますが、歯がぐらぐらするほど歯周病が進行=そこにはたくさんの細菌が生息しているということであり、その歯をそのまま残しておくと、周辺の健康な歯までもが歯周病に侵されてしまう恐れがあるのです。そのため、歯周病でぐらぐらになった歯は将来のお口の健康のために抜かなければなりません。
キャプチャ
3.根っこが割れてしまっている歯
歯の根っこが割れ、ヒビが入ると、そこから細菌が入り込みます。すると歯の神経が細菌に侵され激しく傷んだり、歯ぐきが腫れる、顎を支える骨が溶けるといった症状の原因となります。まずはヒビの修復を試みますが、毎日の食事などで歯に衝撃が加わるため、どうしてもふさぎきれないことがあります。このような場合は、周囲への影響を考え抜歯を選択することがあります。
1-1
歯科医院は、どのようなときもまず「歯を残す」ことを第一に考え、最大限の努力をします。しかし、無理に歯を残すメリットよりも、お口全体で考えた時のデメリットの方が大きいという場合、抜歯を選択します。抜歯は単にその歯を抜くだけでは なく、皆さんの健康を守るために必要な処置ですので、どうかご理解くださいますようお願いします。
お問い合わせ